平成28年度 南砺市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 12 14 25 45 103 287 455 727 335
退院患者さんの年齢構成を見ると、その病院の特徴をある程度つかむことができます。また、他の臨床指標を見るうえでのひとつの参考にもなります。
一般的に年齢が高くなれば病院に通ったり入院したりする傾向が強まり、入院期間が長くなったり病気が重症化しやすいといった
傾向があると言われます。
当地域の高齢化率は高く、当院においても60代以上の患者さんの割合が多く、地域の高齢化を反映しています。
当院は地域の中核病院として、また地域包括医療ケア体制の一員として、急性期2病棟のほかにも回復期リハビリテーション1病棟・地域包括ケア1病棟を有し、患者さんの在宅復帰にも力をいれています。また、小児科入院施設も有しているため、10歳未満の患者さんも受け入れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 77 40.77 21.25 18.18 85.44
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 63 23.54 12.43 6.35 84.6
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 47 38.13 17.95 14.89 88.15
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 5.1 11.06 3.23 82.55
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 6.84 9.08 0 72.76
当院の患者さんは高齢の方が多いため、高齢の方がかかりやすい疾患が上位となっており、誤嚥性肺炎が最も多く、次いで腎臓または尿路の感染症となっています。特に誤嚥性肺炎、摂食嚥下機能、脳卒中の研究に努め、患者さんにあった質の高い安全な医療の提供に努めています。ほかにも大腸ポリープ切除、心不全、胆肝炎、脳梗塞の治療も行なっています。
高齢になると治療目的の疾患のほかに基礎疾患がある場合が多く、入院中に基礎疾患の治療も行うため在院日数が全国平均より長くなりやすい傾向にあります。当院では急性期での治療が安定しましたら、回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟で治療を継続し、在宅復帰に向けての退院支援を行なっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.50 - -
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.36 - -
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.42 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2 なし - - 3.95 - -
小児科で最も多かったのはウイルス性腸炎です。成人に比べ小児は細菌やウイルスに対する抵抗力が弱いですが、一般的に早期に治療を行えば、比較的短期間での退院が可能といえます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 14 6.29 6.82 0 67.93
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 23.67 15.92 0 70
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 17.65 - -
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.20 - -
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - - 5.60 - -
腹腔鏡下胆のう摘出術の入院が最も多く、次いで結腸の悪性腫瘍、胃の悪性腫瘍となっています。
当院では傷口が小さく体への負担が少ないとされる腹腔鏡下での手術を積極的に行なっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 35 65.4 27.63 5.71 85.31
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 14 2.57 5.69 0 80.21
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 13 7.23 5.49 0 71.62
070343xx02x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 内視鏡下椎弓切除術 手術・処置等2 なし - - 12.08 - -
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病 なし - - 5.86 - -
大腿骨頚部(足の付け根)骨折の人工骨頭挿入術の件数が最も多いです。当院の平均在院日数が全国と比較し長いのは回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟など、急性期病床以外の病棟での在院日数を含むためです。
※他の診療科でも見られる当院と全国平均との平均在院日数の差の理由として、ひとつにはこのことがあげられます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.40 - -
020210xx99x0xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2 なし - - 6.69 - -
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし - - 9.00 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.91 - -
020220xx99xxxx 緑内障 手術なし - - 3.56 - -
白内障治療の患者さんが大半です。
※白内障の患者さんは、全員短期滞在手術等基本料3を算定しており、DPC対象外となっているため、ここには計上されません
が、後記「診療科別主要手術別患者数等」を参照願います。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 26 59.08 20.57 0 86.5
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 11 74.09 27.63 0 90.45
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 22.10 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.25 - -
当院の平均在院日数が全国と比較し長いのは、急性期病棟と回復期リハビリテーション病棟の在院日数を含むためです。在宅復帰に向けてリハビリ治療に取り組んでいます。
※他の診療科でも見られる当院と全国平均との平均在院日数の差の理由として、ひとつにはこのことがあげられます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし - - 5.83 - -
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 7.85 - -
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 9.98 - -
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 12.52 - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.44 - -
泌尿器科では上部尿路疾患の治療患者さんが多く、次いで膀胱腫瘍、前立腺肥大症等の方が治療を受けられました。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 10 - - 1 7
大腸癌 - - 12 18 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 18 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
日本で現在、最も罹患数の多い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の病期(ステージ)ごとの症例を集計しました。なお、再発がんは症例数のみを別に集計しています。
がんの症例数をみることで、その病院がどの程度がん治療に積極的に治療をしているかを知ることができます。また、病期分類別にみることによって、その病院の診療の幅広さを知ることができます。
当院では、胃癌や大腸癌に対する治療を積極的に診ています。肺癌については術前・術後の患者さんを他病院と医療連携しながら診療を行なっております。特に肝癌については、ラジオ波焼灼術や血管塞栓術を施用するなど積極的な治療を行なっています。
診断から手術や抗がん剤治療といった治療、術後のケアまで一貫して行い、入院だけではなく外来でも抗がん剤治療を行っています。さらに、手術だけでなく疼痛管理をはじめ終末期の治療についても幅広くカバーし、ステージⅢやIVといった症例についても積極的に診療しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 8.06 60.75
中等症 79 26.04 82.38
重症 - - -
超重症 19 40.21 85.63
不明 - - -
重症度が高いと平均在院日数が長くなりやすい傾向にあります。当院では中等症の方が一番多く、全体の約65%を占めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 14 3.71 80.14 7.14
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 56 41.23 81.32 11.25
その他 24 46 80.63 2.5
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞患者の約81%にあたる56名が発症から3日以内に治療を開始できています。当院は回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期の治療が安定した脳梗塞の患者さんに対して、発症前と同じ生活が送れるようにリハビリテーションを行ったり、地域包括ケア病棟で在宅環境を整えたりしています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡大腸ポリープ切除長径2cm未満 82 0.15 1.04 0 66.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 37 2.51 7.35 13.51 80.49
K6871 内視鏡的乳頭切開術1 27 3.33 5.81 7.41 79.41
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 3.53 24.88 5.88 87.24
K6182 中心静脈栄養用植込型カテーテル設置2. 15 43.87 35.67 73.33 83.8
内視鏡的結腸ポリープ切除術が最も多くなっています。内視鏡を用いてのポリープを切除する手術です。切除したポリープを検査し、早期癌の発見・予防に役立てます。当院では決められたスケジュール表(クリニカルパス)に沿って、1泊2日程度の経過観察入院をお勧めしております。また、胆道系の内視鏡的手術が当院の特徴です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡大腸ポリープ切除長径2cm未満 47 0 1 0 69.28
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 23 1.22 4.26 0 70.43
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17 1 4.18 0 68.53
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 7.38 16.62 0 71.08
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍 - - - - -
傷口が小さく体への負担が少ないとされる腹腔鏡下での手術(ヘルニア、胆嚢・腸、虫垂炎切除術など)を行なっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 34 3.24 56.56 2.94 85.15
K0462 骨折観血的手術2.前腕 23 1.17 18.65 0 74.26
K093 手根管開放手術 13 0.15 1 0 80.62
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0463 骨折観血的手術3.(膝蓋骨) - - - - -
高齢の方に対しての腕の上腕、前腕、手根部の骨折に対する手術が上位3つ(83%)を占めています。高齢の方の階段や滑りやすい箇所における転倒によるものが多く、骨粗鬆症がベースとなったことが想定されます。また、大腿骨頚部骨折でも、手術を行うことにより寝たきりを防いだり、感染症の予防を図ることができます。
手術後、早期にリハビリテーションを実施し、急性期の状態が落ち着いたところで回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟にて治療を継続しながら退院に向けての調整を行なっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入(その他 109 0.36 1.2 0 77.78
K224 翼状片手術1.弁の移植を要するもの - - - - -
K2682 緑内障手術2.流出路再建術、濾過手 - - - - -
K2761 網膜光凝固術(通常) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入(縫着レン - - - - -
白内障治療における水晶体再建術は、患者さんの生活の質を尊重し、片眼を1泊2日で治療を行なっています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 11 1.82 71.27 0 90.45
K7212 内視鏡結腸ポリープ切除長径2㎝以上 - - - - -
K797 膀胱内凝血除去術 - - - - -
高齢の方の大腿骨頚部骨折でも、手術を行うことにより寝たきりを防いだり、感染症の予防を図ることができます。
当院では整形外科の患者さんが急性期病棟で手術を受けた後、回復期リハビリテーション病棟に転棟されリハビリが中心となった方は、このリハビリテーション科の表に反映されています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 10 2 3.1 0 65.8
K8036イ 膀胱悪性6イ(経尿道・電解質溶液使用 - - - - -
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利 - - - - -
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K7981 膀胱結石、異物摘出(経尿道的手術 - - - - -
最も多かったのは尿路結石除去術で、次いで膀胱悪性腫瘍切除術、前立腺手術等を行なっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 23 1.16
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
発熱等で体が衰弱している状態では、抵抗力が弱まっており感染症や合併症にかかりやすくなります。感染症が重症化した場合、播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症といった状態になりますが、敗血症で入院された方は全体の約1.2%です。
更新履歴
2017.9.26
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報の公表」を行いました。