トップ お知らせ 10月18日トロント大学より講師を招き秋の教育セミナーを開催しました

[ここから本文]

10月18日トロント大学より講師を招き秋の教育セミナーを開催しました

情報発信元: 臨床教育・研究センター
最終更新日:2016年10月28日(金曜日) 14時11分 コンテンツID:2-4-794-1454

海外におけるチーム医療について


Abrams先生、Pariser先生ありがとうございました!






 10月18日に南砺市民病院では富山大学附属病院総合診療部との協力により、カナダ・トロントにおいて先進的な家庭医療、チーム医療についての取り組みを行っておられるHoward Abrams先生とPauline Pariser先生をお迎えして講演会を開催しました。
 Pariser先生からは「地域医療での多職種連携モデル」をテーマに講演いただきました。様々な分野の専門医や看護師、ソーシャルワーカーなどが"IMPACT PLUS"とよばれるチームを作り、患者さんの治療に当たっている模様を撮影した映像を用いてわかりやすく紹介いただきました。
 またAbrams先生からは「総合診療と研究ラボ」をテーマに講演いただきました。学内に業種やこれまでの経験に関係なく様々な研究に取り組める"OpenLab"を開設した経緯やこれまでの研究内容について、またその中で重要とされるデザイン思考についての講義を行っていただきました。


関連リンク

臨床教育・研究センター

住所:〒932-0211 富山県南砺市井波938
電話:0763-82-1475