トップ 外来診療のご案内 院外処方について

[ここから本文]

外来診療のご案内

当院で受診される患者様へ、受診方法をご案内します。

院外処方について

平成20年4月1日より「お薬」の受け取り方法が変わりました

外来を受診して薬が処方された場合は、「院外処方せん」を発行します。
まちの保険薬局で、その院外処方せんと引き換えに薬を受け取ることになりますので、ご了承ください。

1)病院を受診し薬が必要な場合「院外処方せん」が発行されます 2)病院での会計を済ませてください   3)保険薬局に行き「院外処方せん」を渡します 4)薬を受け取り代金を支払います

病院からファックス送信機が利用できます

1階ロビーにファックス送信機がありますのでご利用ください。
病院で受け取った「院外処方せん」を、あらかじめ保険 薬局にファックス送信することによって、保険薬局での待ち時間の短縮、受け取り時間を指定、など可能です。 当面の間、操作説明者を配備いたしますので、機械の操 作が苦手という方でもお気軽にご利用ください。

どこの保険薬局を利用するかは患者さまの自由です。 病院指定の薬局はありません。ただ、かかりつけ薬局を持つと、飲み合わせや薬の処方履歴を確認するため に、患者様個人の「くすりのカルテ」(薬歴管理簿) をつくって管理します。つまり、いろんな病院にかか っていても、かかりつけの薬局を決めておけば薬剤師 が管理しますので、安心して服用できます。
 院外処方せんは、発効日を含め4日以内に保険薬局 に提出しない場合は無効となり、お薬を受け取ること ができません。再発行は有料となります。 「院外処方 せん」は保険薬局に提出し、お薬を受け取るまで、大切に 保管して下さい。


国では、患者さまに「院外処方せん」を渡し、家や職場の近くにある「保険薬局」で薬剤師が薬を調剤してお渡しする制度(医薬分業) を推進しています。複数の病院や診療科を受診すると、同じ効き目の薬が重複したり、一緒に飲み合わせてはいけない薬が処方される危険性があります。 また、市販の薬やサプリメントを選ぶときにも注意が必要です。「医薬分業」はもっと安全でより良い医療を患者さまに提供するために欠かせない方法です。