トップ 初期研修医募集! 卒後臨床研修のご案内

[ここから本文]

初期研修医募集!

患者様のために共に働ける方を募集しています。

卒後臨床研修のご案内
平成31年度卒後臨床研修

院長のあいさつ

南砺市民病院長 清水 幸裕


 

平成31年度卒後臨床研修

 

 南砺市民病院は175床の市立総合病院です。「医療・保健・福祉活動を通じて、市民の健康で豊かな生活に貢献します」の病院理念を掲げ、地域に必要な急性期医療を提供しながら、在宅医療や保健・福祉との連携に取り組んでいます。今後急速に進む高齢社会では、病気の診断治療だけでなく、障害への介入やQOL支援が大切であり、全人的医療を遂行できる医師の存在が必要となっています。南砺市民病院及び南砺市が取り組んでいる活動(地域包括医療・ケア)は全人的医療ができる医師(総合医・家庭医)を育む環境であり、近年研修・育成環境も整備されました。

初期研修は基本的にプライマリ・ケアを学ぶ目的であり、当院の研修プログラムは人間性や社会性の向上と共に全人的医療の意味合いを理解し実践できる医師の育成を目指しています。

 

〒932-0211
富山県南砺市井波938
南砺市民病院
TEL 0763-82-1475
FAX 0763-82-1853


プログラムの概要と特徴

研修目標

  1. 医師としての人間性と社会性を身につけ、患者様および家族のニーズを理解してチーム医療を中心に全人的医療が行えるようになることを目指す。
  2. 将来の専門分野にかかわらず、医師として総合診療が可能な基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につけ、安全で良質な医療を提供できる。
  3. 地域医療としての社会性を理解し、医療・保健・福祉が連携統合した地域包括医療の理念と必要性を理解し実践する。

研修スケジュール(例)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急部門 必須・選択必須
2年次 地域医療・地域保健・必須 選択科目
  • 上記の予定で基本科目および必修科目を順次研修する。
    選択必須の研修期間は1ヶ月間とし、小児科、外科から選択する。産婦人科、精神科、麻酔科は病院が定める必須科目であり、各1ヶ月履修する。

    選択科目の研修期間は9ヶ月とし内科系(内科、小児科)、外科系(外科、整形外科)、地域医療、地域リハビリテーションの中から選択が可能である。
  • 1年次、2年次ともに研修医2名づつ、上記の期間割りに従って、各科をローテートして研修を行う。
  • 精神科については、当院の協力型病院である独立行政法人国立病院機構北陸病院の精神科にて研修を行う。また、 小児科(一部)、産婦人科、救急(一部)については市立砺波総合病院において研修を行う。そのほかの診療科は選択科目とし、南砺市民病院、市立砺波総合病院、富山大学附属病院、新潟県厚生連糸魚川総合病院、金沢大学附属病院、金沢医科大学病院にて研修を行うことができる。
  • 【週間、月間でのカンファレンススケジュール】
    1. 毎週月曜日 8時〜8時30分:診療部モーニングカンファレンス
    2. 毎週水曜日 8時〜8時30分:診療部症例検討勉強会
    3. 毎週木曜日 13時30分〜16時:内科新患カンファレンス・内科症例検討会
    【初期・後期研修医向けランチョンセミナー】
    1. 毎週月曜日 12時〜:外来レビュー
    2. 毎週火曜日 12時〜:EBM
    3. 毎週水曜日 12時〜:SEA振り返り
    4. 毎週木曜日 12時〜:M&Mカンファレンス
    5. 隔週金曜日 12時〜:ポートフォリオ 16時30分〜:ほたるいかカンファレンス
                  (富山大学総合診療部連携病院ICTカンファレンス)

指導体制

  1. 臨床研修責任者: 清水 幸裕(病院長)
  2. 7年以上の臨床経験を有する医師もしくは各種学会の認定医、専門医の有資格医師が指導を行う。
  3. 指導方法については、各科の指導責任者のもと臨床研修プログラムに沿って行う。

評価方法

研修内容は、研修記録に記載し、研修目標の達成度を自己評価と指導医評価を加えて4週間ごとに臨床研修管理委員会に提出する。
臨床研修管理委員会では、4週間ごとに研修記録を点検し研修目標の達成度が低い場合には具体的な指導を研修医および指導医に行う。また、研修管理委員会は、各科の研修終了時に、第三者評価による面談、ロールプレイ、OSCE,テストなどを施行し目標の達成度を総合的に評価する。

その他

インターネット接続が可能であり、文献検索等に利用できます。また、金沢大学附属病院、富山大学附属病院への文献等の問い合わせが可能です。


研修医の処遇

常勤又は非常勤の別 常勤医師(嘱託)
研修手当 給料
1年次 : 月額 450,000円
2年次 : 月額 450,000円
宿舎 アパート等については、紹介致します
住宅手当 家賃に応じて上限27,000円まで支給
社会保険等 社会保険、厚生年金、労災保険、雇用保険適用
医師賠償責任保険 各研修医にて個人加入
研修終了後の進路 研修修了者は、希望に応じて、当院を含む希望病院または大学など関連機関へ推薦する。
その他 アルバイトは原則禁止

募集要項・応募様式

募集要項

応募資格 平成31年3月実施の医師国家試験に合格見込みの者、またはすでに医師免許を取得し、いまだ臨床研修を2年間行ったことのない者
研修期間 平成31年4月から平成33年3月まで
募集人員 1年次研修対象 3名
選考方法 個別面接
面接期日 随時(応募書類到着後調整します)
受付期間 平成30年7月9日(月) から 8月31日(金) まで (随時相談可:定員に達しない場合延長もあり)
書類は持参又は郵送(書留郵便)にて提出をお願いいたします。
出願書類 平成31年度南砺市民病院卒後臨床研修医選考試験願書及び採用申請書【様式1】
履歴書【様式2 写真貼付】、自己推薦書【様式3】
病院見学 事前に連絡を頂ければ、日程調整の上、施設見学可能です。
下記連絡先までお問い合わせください。
書類提出先 〒932-0211 富山県南砺市井波938
南砺市民病院 臨床教育・研究センター
TEL:0763-82-1475
FAX:0763-82-1853

※ 採用決定後研修開始までに必要な書類
  健康診断書(現在在学中のものは大学実施の健康診断の結果でも可)…1通
  医学部卒業証明書又は卒業証書の写し…1通
  医師免許証(写)については、研修開始後速やかに提出願います。

応募様式

Word形式のファイルでダウンロードできます。
応募様式のダウンロードはこちらから

必要事項を記入の上

〒932-0211
富山県南砺市井波938
南砺市民病院 臨床教育・研究センター
TEL 0763-82-1475
FAX 0763-82-1853
お問い合わせフォームはこちら