トップ お知らせ 南砺市予防接種相談会の参加者の感想について

[ここから本文]

南砺市予防接種相談会の参加者の感想について

情報発信元: 診療部 小児科
最終更新日:2019年6月11日(火曜日) 09時31分 コンテンツID:2-4-16-2057


・予防接種の重要性を理解した。

・それぞれの病気の性状を知ることができて予防接種の大切さがわかった。

・病気の合併症による死亡など怖さが分かった。

・最近の予防接種の方法について知ることができて勉強になった。

・早くワクチン接種を完了させることが大切だということが分かった。

・予防接種の時期や気になることをじっくり聞けたのでよかった。

・ワクチンがとてもありがたいと思った。

・効果的なワクチン接種時期が分かってよかった。

・ワクチンを受けた方がもし罹っても軽く済む可能性が高いとのことで、ワクチンは受けさせたい。

・ワクチンにより予防できる病気がたくさんあることが分かったのでなるべく受けようと思った。

・上の子のときとワクチンがすっかり変わってしまって不安だったが、話を聞いてワクチンスケジュールを組めそうだと思った。 

・副反応について、あるいは同時接種についての疑問が解消された。

・同時接種の安全性が分かってよかった。同時接種は危険が少ないということが分かった。

・直接医師から話が聞けて、同時接種がかわいそうという意識が変わった。

・ワクチンの種類が増えたから同時接種が必要になったということが分かった。

・同時接種のことなど気になっていたことが詳しく聞けてよかった。

・同時接種しても大丈夫なのか不安だったが安心できた。

・同時接種は問題がないことがわかった。これまで毎週接種してきたが、その間に病気に

ならなかったのは幸いだった。

・一度に何本も接種したことが心配だったが、同時接種の安全性などよく分かった。

・副反応や同時接種についての疑問が解消された。

・乳児でもインフルエンザワクチンを打った方がよいこと。

・インフルエンザワクチンと卵アレルギーとの関係について詳しく知ることができた。

・インフルエンザワクチンを受けるかどうかについて参考になった。

・日本脳炎ワクチンは3歳未満でも受けられるということが分かった。

・はしかや風疹についてよく理解できた。

・ロタとおたふく風邪について知りたかったので知ることができてよかった。

・任意接種のことがよく理解でき受けようと思った。

・任意でも時期が来たら受けることが大事ということが分かった。

・おたふくかぜワクチンの重要性が分かった。

・ムンプス難聴の怖さ、発症率の高さ、2回目のおたふく風邪ワクチンも受けた方がよいこと。 

B型肝炎の任意接種の意識が高くなった (年長の兄弟、大人)

B型肝炎に対する知識が深まった。

・定期接種と任意接種について 

B型肝炎について 

・日本脳炎について 

 

まとめ

参加者の感想で多いのは、ふだんワクチンに関する話を聞く機会がまったくない、またはワクチンについて相談する機会がまったくないので、このような機会はたいへん良かったというものであった。自分たちの他にもワクチンの話を聞きたい方はたくさんいるので、もっと広報に力を入れて、予防接種相談会を継続して開催していってほしいという要望が多かった。


診療部 小児科

住所:〒932-0211 富山県南砺市井波938番地
電話:0763-82-1475  ファックス:0763-82-1853