トップ 看護部

[ここから本文]

看護部

最終更新日:2017年4月4日(火曜日) 10時37分 コンテンツID:1-4-8-8

看護部理念「私たちは 患者様一人ひとりを尊重し 信頼される看護を提供します」

看護部基本方針
1.患者様に寄り添い、安心で信頼される看護を実践します
2.看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します
3.専門職業人としての自覚を持ち、自己研鑚に努め、質の高い看護実
  践を目指します
4.組織の一員としての資質を高め、地域医療に貢献します


看護部長 認定看護管理者 竹沢 和美

【看護部長挨拶】

 南砺市民病院看護部は、地域密着型の病院として、“地域のオンリーワン”を目指し看護を展開しております。
 当院は、急性期93床、地域包括ケア病棟48床、回復期リハビリ病棟36床で運営されており、中小病院でありながら、急性期から回復期、そして在宅までチーム一丸となってケアを行いやりがい感ある組織作りを目指しています。当院に隣接している訪問看護ステーションに、2年前より看護師2人を派遣し、その間は病棟看護師との同行訪問を行うなど、在宅支援の強化に努めてまいりました。今年度はその2人を病院に復帰させるとともに講師役となり、より実践的な退院支援指導を行うことで在宅支援のさらなる強化に努めて行きたいと考えております。
 また平成28年10月より、患者総合支援センターを設置。センターには、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカー、歯科衛生士などを配置し、入院から退院、そして在宅まで一貫してサポートできるよう体制を整えております。平成29年1月には、病院横の井波高校跡地に地域包括ケアセンターが設置され、常に行政と連携がとれる仕組み作りも進んでおります。これからは、病院と行政が一体となって地域住民の皆様へ健康寿命を延ばすべく、ヘルスプロモーション活動を推進していきたいと考えています。
 その他人材育成として、緩和ケア・感染管理の2人の認定看護師が在籍し隣接している訪問看護ステーションの認定看護師と共に認定看護師会を発足し、病院と在宅の橋渡し役を担っています。さらに、本年3月に緩和ケア認定教育課程を修了者1人の他、認知症、摂食嚥下障害認定教育課程を受講者もおり教育支援体制も充実しています。当院は、毎年初期研修を受け入れて下り、今後は後期研修(総合診療医)育成プログラムを構築予定です。その研修プログラムとともに将来的には特定行為研修を受けられる施設を目指しております。
 地域包括医療ケアの構築に向け、看護が求められる役割を認識し、“より多くの人に最善の看護”を提供できるよう日々努力するとともに、この病院のに入院して良かった、この病院に勤めて良かったと思える病院を目指し、人材育成に努めてまいります。
目指せ、地域のオンリーワン!指して日々看護実践をしてまいります。


看護部

住所:〒932-0211 富山県南砺市井波938番地

電話番号:0763-82-1475

ファックス番号:0763-82-1853


「看護部」からのお知らせ

「看護部」からのお知らせ一覧へ