トップ お知らせ もの忘れ外来について

[ここから本文]

もの忘れ外来について

情報発信元: 患者総合支援センター 地域医療連携科
最終更新日:2015年6月10日(水曜日) 14時52分 コンテンツID:2-4-38-78

【このような症状で困っていませんか】
■ストレスに耐える力が低下
 ・落ち着かない ・足がすくんだ、動けない ・ウロウロ ・大声 ・動作ができない
■見当識が低下して不安や混乱、世界が崩れてゆく
 ・場所間違え ・時間間違え ・時間を気にする又は無頓着 ・昼夜の取り違え ・あ然とする
■潜在力があってもうまく使えない
 ・失敗の連続 ・とりつくろうとすれば却って失敗 ・へまばかり目立つ
■失敗の連続で自信の喪失
 ・おかしいことが次々に起こる、わからない。できない ・不安や脅え、緊張の強まり


【受診の方法と内容のご案内】
●ステップ1
 診察日は毎週金曜日
 診察は完全予約制
 診察医師は内科南医師

●ステップ2
 紹介状で予約の方は
 A)臨床検査
 B)画像検査
 C)心理検査
 を行い、約1週間後までに結果を照会し診断。

●ステップ3
 ・再診

●ステップ4
 総合評価
 ・連携(紹介先)
 ・症状や日常行動の変化

当院の臨床心理士が認知機能評価・抑うつ症状の評価、日常生活上の行動評価・認知床の症状評価を行い、専門的に評価・分析・解説のもと医師の補助診断として客観的データを加え、お答えしています。


患者総合支援センター 地域医療連携科

住所:〒932-0211 富山県南砺市井波938番地
電話:0763-82-1475  ファックス:0763-82-1853