トップ 医師の方へ

[ここから本文]

初期研修医募集!

患者様のために共に働ける方を募集しています。

医師の方へ

「南砺市民病院」募集要項

募集要項

1.勤務地 富山県南砺市井波938番地  南砺市民病院
2.募集科目
内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、外科、 消化器外科、肛門外科、小児科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、脳神経外科、心療内科、精神科、放射線科、リハビリテーション科
3.勤務時間・休日・当直など
ア)勤務時間
月曜〜金曜 8::30〜17:15
( 勤務時間の途中に1時間の休憩時間があります。)

イ)休 日
土・日・国民の祝日に関する法律に規定する休日
年末年始 (12月29日〜1月3日)

ウ)当 直
あり
4.給 与
南砺市給与条例による  ( 年齢・資格・経験等を考慮します。)
5.年 齢 65歳まで
6.その他条件 宿舎提供あり

詳細は、「南砺市民病院」の総務課にお問い合わせ下さい。

 

南砺市民病院は、175床の市立総合病院です。「医療・保健・福祉活動を通じて市民の健康で豊かな生活に貢献します」の病院理念を掲げ、地域に必要とされる急性期医療を提供しながら、保健や福祉・介護と連携し生涯にわたり安心して生活してもらえる地域作り(包括医療・ケア)に取り組んでいます。

当院は富山県内の自治体病院として最初に日本医療機能評価機構の認定を受けるとともに、DPC適用病院となりました。また診療機能向上のため7:1看護体制、電子カルテの導入、チーム医療の構築を行いました。救急医療も常時砺波医療圏から多くの救急搬送を受け入れています。

急性期医療における診療と共に、回復期リハビリ病棟での機能改善や在宅支援に努めています。特に高齢障害者が希望される在宅医療のために、病院や併設の訪問看護ステーションなどから訪問診療、訪問看護やリハビリテーションなどを行い、療養環境整備と家族の負担軽減に努めています。在宅医療を含めた地域医療・福祉の構築を、当院を中心に南砺市全体で展開し、富山県のモデルとなっており全国的にも注目されています。

医師の育成において、高齢社会で必要とされる家庭医・総合医の研修(NANTO家庭医養成プログラム)を行っています。疾患、障害、QOLへの対応など全人的医療の研修には当院は最適な環境であると確信します。当院は家庭医や総合医が1次、2次救急や多疾患で障害の多い高齢者の入院を受け持ち、専門医の先生が専門外来や専門性が必要な入院患者を中心に受け持ち、総合医などへのコンサルトを行う体制作りを目指しています。すでに研鑚を積まれた専門医の先生方の負担感を軽減しつつ、先進的地域医療に接し学べる環境を整えています。2〜3年でも、あるいはそれ以上に一緒に活動したい意志をお持ちであれば、病院を挙げて心から歓迎いたします。

 また、当病院のある井波地域は木彫の街であり、診療圏内にそばや演劇で有名な利賀村や世界遺産の合掌造り集落もあります。診療の合間に木彫をしてみたい方やそば打ちを習いたい方は是非どうぞ。

 

さて、当院の医療に対する具体的な姿勢を簡単に示します。

 保健や医療が主体に貢献する小児期、癌・心筋梗塞や脳卒中の救急・急性期医療が必要となる壮年期、肺炎や骨折、そして認知症が増し医療・リハビリ・介護・福祉が連携して支援する老年期と、その人らしい幸せな生涯を過ごせるよう支援をする活動しています。

 それらを実現するための当院の組織のイメージです。
診療部・看護部・診療技術部からなる急性期医療部を核に、健康管理科や回復期リハビリ病棟・ディケアセンター・地域医療連携科の保健福祉医療部が取り巻き、さらにその外側を市当局・各支援センター・各病院や施設などが連携を取り合う地域リハビリ広域支援センターで包み込んでいます。

 そして、当院でできる範囲内での医療を行い、範囲外の高次機能病院へ紹介すべき医療とかかりつけ医・診療所などへ紹介すべき医療を連携して行っています。もちろん、常に守備範囲とすべく医療を模索し構築するための努力もしています。

南砺市民病院総務課

住所:〒932-0211 富山県南砺市井波938
電話:0763-82-1475   ファックス:0763-82-1853
メール:shiminhp@city.nanto.lg.jp