本文へ

[ここから本文]

高校生1日看護見学開催

最終更新日:2016年7月12日(火曜日) 17時34分

県内の高校生が高校生一日看護見学に訪れました!

今年も富山県看護協会主催による高校生を対象にした、「高校生一日看護見学」が7月5日、12日の二日間開催され、計32名の高校生が参加しました。
「高校生一日看護見学」は高校生が看護に対する理解を深め、看護職への進路選択の参考にすることを目的に毎年行われているもので、参加した高校生は、院内の見学、リハビリスタッフからの車椅子移乗についての説明後、高校生同士で車椅子移乗を行いました。また、病棟では入院している患者さんとのコミュニケーションをとったり、昼食の配膳を行いました。午後からは先輩看護師との座談会や個別進路相談なども行われました。参加者からは「常に患者さんに気を配ることの重要性があるとわかりました。さまざまな職種のスタッフと連携し患者さんをみていくことが大切だと思いました。」など看護師という職業を考える有意義な二日間となったようです。