本文へ

[ここから本文]

看護部

看護部

最終更新日:2020年2月5日(水曜日) 10時00分

「看護部」からのお知らせ

「看護部」からのお知らせ一覧へ

看護部理念「その人らしさを大切に 最善の生を支える」

 私たちは、その人らしさを一緒に考え、その人の尊厳を最大限に守り、その人がその人らしく、生きること、生活すること、そしてその人らしく死を迎えられるような看護を提供していきます。


看護部長 認定看護管理者 竹沢 和美

【看護部長挨拶】

  その人らしさを大切にするということ、それは自分の家族だったらという思いを常に年頭におき、その人が望むケアをしてあげることに他ならないと考えています。そのためには、本人が何を考えているのか理解できることが一番であり、ナラティブが根底にあると考えています。うわべだけの優しさではなく、その人が求めているものは何かを常に追求し、その人に寄り添い、自分や自分の家族に置き換えて考え、自分や自分の家族が受けたい看護を提供できるようにしていくことが、看護師になった以上は果たすべき役割であると考えます。
 南砺市民病院では、院長の指導のもと、倫理コンサルテーションが行われています。それは、患者さん中心の医療を展開するためであり、そのためには、必ず本人の意思や本人が生きてきた過程、そして家族の思いなど双方向からの意見を聞き、その人にとって最善と思える方法を検討してます。また、当院は各フロアに倫理コンサルテーション方法を学んだ臨床倫理アドバイザーが在籍し、日々のケアを通して倫理感性を高める工夫・努力をしています。
「その人らしさを大切に、最善の生を支援する」という意味は、命・暮らし・尊厳が含まれており、生死だけではなく、日々の暮らしも含め、最期までその人らしく支えていくことであると考えています。
 2020年よりドクターカー運用が開始となりました。これは、救急医療だけでなく、在宅看取りを希望する患者さんについても、その人の意向を尊重する目的も持っています。そのためには、訪問看護ステーションやその他の医療関係者と連携を持つことが必要だと考えています。
 常に、その人らしさを考えた看護を提供し、南砺市民病院に来て良かったと思えってもらえるように、そして地域の皆さまに愛される病院となるよう、看護部一丸となって邁進してまいります。

 


看護部

住所:〒932-0211 富山県南砺市井波938番地

電話番号:0763-82-1475

ファックス番号:0763-82-1853