本文へ

[ここから本文]

お知らせ

25件の情報があります。

  • 第46回富山県国保地域医療学会

     第46回富山県国保地域医療学会が朝日コミュニティホールアゼリアにて開催され、介護福祉士の加賀田さんが介護福祉士の役割や持続可能な介護実践について発表されました。

  • 「まちの保健室」in砺波イオン

    予防で防げる脳卒中 自分の生活を見直そう
    地域の方に脳卒中予防のため生活習慣を見直す啓蒙活動をおこないました。

  • 令和3年度南砺市民病院看護師特定行為修了式

  • 令和4年度、4期生の看護師特定行為研修の開講式を挙行いたしました。

  • 「ふれあい看護体験」を開催しました

     市民(小学生とその保護者)との交流を通じて、看護職の仕事内容について理解を深め、看護職の魅力を知ってもらうイベントを開催しました。

  • 新人看護師研修【地域医療研修】を実施しました

     新人看護師対象に訪問看護同行研修と、ドクターカー体験研修をおこないました。

  • 看護部 主任・師長代理・師長合同会を開催しました

     コロナ禍において集まる機会が少ない中、令和3年度BSC内容について看護部管理者で共有を行いました。新年度のキーワード「チームワーク」について、事前課題をもとに、グループ討議を行い、活発な意見交換、グループごとの意見を共有しました。看護部長を中心にさらなる看護部活性にむけて一致団結し頑張ります。

  • 令和2年10月14日 看護部中間報告会を開催しました。

     今年度は、コロナ禍ということもあり、師長、師長代理、主任の3役が集まり、看護部中間報告会を開催しました。

  • 看護部 新人教育体制について

     未来のために、確かな力を身につけませんか。

     南砺市民病院では、看護師としての第一歩を支える新人教育システムを整えています。専門的な知識やスキルを確実に身につけられるように、一人ひとりのスピードに合わせて丁寧にサポートします。
    将来のキャリアに向かって努力するあなたを、病院全体で応援します。

  • 南砺市民病院 認定看護師紹介

    認定看護師とは、ある特定分野において。熟練した看護技術と知識を有する者として、看護協会の認定を受けた看護師を言います。
     当院では、3分野5名の認定看護師が在籍しております。各分野ごとに活動するほか、定期的に認定看護師会を開催し、意見交換を行っています。

  • 利賀中学校の生徒さんが慰問

    平成28年7月1日(金)利賀中学校の生徒さん13名が患者さんのお見舞いに心のこもったメッセージカードを持って来て下さいました。
    病棟で風船を使ったゲーム、デイケアセンターでは歌や麦や踊りを披露してくださり、患者さんは笑顔いっぱいになりました。

  • オープンホスピタル開催しました

    今年度は7名の参加がありました。病院の概要の説明、院内見学の後、フィジカルアセスメント体験を行いました。医師による解説のもと、風船や紙袋を膨らませる音を参考に、肺の状態をイメージしながら実際の呼吸音を一人一人聴取しました。参加者は理解が深まり、今後に役立てそうだとうれしそうに感想を話されていました。来年も開催の予定です。

  • フィジカルアセスメント研修「チャレンジナースII」

    看護師のスキルアップを目的とし、第3回目の研修会が開催されました。講師には今回も富山大学大学院医学薬学研究部 地域医療支援学講座 客員教授 有嶋拓郎 先生をお招きしました。今回は身体の仕組みを理解して、シンプルに輸液を考えるこつを学ぶ研修会でした。

  • 看護管理者学習会

    かねてから行われておりました組織分析手法の一つ『SWOT分析』について30名の管理者を対象に1月13日看護副部長が講師となり研修が行われました。今まで行われていた分析の問題点なども詳しく紐解かれました。

  • ケーススタディー発表会

    入職3年目の看護師達が今まで関わらせていただいた患者様の看護を振り返り、今後の看護に繋げるためのせいか発表会です。